マネー

【投資初心者におすすめ】SBIネオモバイル証券のメリットや感想【国内株に分散投資】

投資するパソコン画面

「株式投資を始めてみようと思ってるんだ。いろいろあって迷ってるんだけどSBIネオモバイル証券が気になってるんだ。

実際つかってる人の感想がしりたいし、初心者でも大丈夫かも不安。

あとは手続きとかもめんどくさかったりするんじゃないの?」

今回はこのような投資を始めようとする方への記事です!

結論から言うと「これから投資を始める最初のステップとしておすすめ!」です!

ぼく自身もSBIネオモバイル証券利用してるので、実体験をお伝えできます。

少額から投資できるSBIネオモバイル証券から始めて、ステップアップするのもおすすめです!

Tポイント訴求①

SBIネオモバイル証券を初心者におすすめできる理由

ぼくが感じてるおすすめできる理由(メリット)を紹介。

  1. 1株から投資できる
  2. 手数料がほぼかからない
  3. 分散投資できる
  4. スマホで簡単に取引できる
  5. 投資経験をつめる

①1株から投資できる

通常、日本の株は100株単位(単元株)でしか取引できないんです。

でもSBIネオモバイル証券なら1株単位から取引できる!

(出典:SBIネオモバイル証券公式HP)

1株という少額から帰る初心者にも始めやすい

ロボアドバイザーだと最初に1万円とか10万円必要だったりしますが、SBIネオモバイル証券はそーゆーのはないです。

②手数料がほぼかからない

月50万円までの投資であれば、月額220円(税込)で追加のコストはかかりません。

月50万円の範囲内であれば、何度でも株を買っても大丈夫なんです!

そしてTポイントで200pt毎月もらえるので、実質負担は消費税分の20円です。

(出典:SBIネオモバイル証券公式HP)

SBIネオモバイル証券はTポイントをつかって投資ができるのです。

③分散投資ができる

上記2つのメリットに大きく関係するのですが、おかげで分散投資ができるんですね。

一つだけの業種(例えば金融)に集中投資してたら、もしその業界にマイナスな法律ができたらダメージ極大です。

他の業種にもまんべんなく分散投資していれば、ダメージ小で済むかもしれません。

これが投資においてはすごく大事だと感じます。SBIネオモバイル証券な心もおだやかに過ごせます。

④スマホで簡単に取引できる

パソコンに張り付いて株価を見守るとかは必要ないです。

スマホでも簡単に取引できるので、気になった企業があればサクッと調べて株買えちゃいます。

⑤投資経験を積める

1株でも株主は株主です。投資してる企業に自然と興味がわいてきます。

経済ニュースにも自然と目が行くようになります。

「このニュース、あの企業に関係ありそう!」

この感覚は投資を続けるうえで大事だとおもいます!まさに投資家への第一歩です!

メリットばかりだととても怪しくて不安だと思うので、次でSBIネオモバイル証券のデメリットを紹介します!

SBIネオモバイル証券はデメリットはないの?

デメリットはこちら

  1. 国内株式のみの取引
  2. NISAは非対応
  3. リアルタイムに売買できない
  4. 単元未満株だと優待がもらえない
  5. 住信SBIネット銀行じゃないと入金に振込手数料かかる

①国内株式のみの取引です。

→気にしてません。ぼくの場合、国内株→SBIネオモバイル証券、米国株→楽天証券 、と使い分けしてるので特に問題ないです。

(2020年4月27日からFXもできるようになったそうです。)

②NISAは非対応です。

→気にしてません。配当控除を利用すれば税金を取り返せる可能性あります。確定申告が必要ですが、難しくはありません。

確定申告ってハードル高く感じますが、一度チャレンジした方が良いです!

③リアルタイムで株の売買はできません

→気にしてません。デイトレーダーさんのようにはできないので。あくまでも長期保有を目的にSBIネオモバイル証券を利用してます!

  <注文時間/約定タイミング>

  • 0:00~10:30 / 当日の後場始値
  • 10:30~21:30 / 翌営業日の前場始値
  • 21:30~24:00 / 翌営業日の後場始値

④保有株数が100株未満だと株主優待がもらえない可能性もあります。

→気にしてません。配当金がもらえるのが一番うれしい。コツコツ買い増ししていって、結果的に優待もらえたらラッキーくらいです!

⑤住信SBIネット銀行じゃないと入金に振込手数料かかる

→始める際にすごくデメリットに感じました。

SBIネオモバイル証券も開設して~住信SBIネット銀行も開設して~、とやったので正直めんどくさかったです。

でもよく考えたら、楽天銀行でもほかの銀行でも条件満たせば「他行振込手数料~回無料」みたいなのありますね。

これ利用すれば住信SBIネット銀行開設しなくても振込手数料かからんです!

※ただし即時入金(ほぼリアルタイムで入金)の対応はSBIネット銀行のみなので注意。他の銀行は口座に反映されるまで2時間くらいか、タイミングによっては翌日になります。

デメリットも結構ありますが、それよりも得られるメリットの方が大きいのでSBIネオモバイル証券を選んでいます!ここは人それぞれです!

SBIネオモバイル証券の口座開設は簡単

流れはこんな感じ

(出典:SBIネオモバイル証券公式HPより)      

本人確認書類で必要なものはこちら。

  • マイナンバー確認書類と本人確認書類
  • 金融機関口座
  • クレジットカード

とくに手続きでむずかしかったことはないですね!

なんでもそうなんですけど、いざ口座開設と手続きして、利用できるまでの数日間がなんともソワソワします。

まとめ

以上です。ぼくがSBIネオモバイル証券をつかってみての感想をお伝え出来たかなと思います!

冒頭にも書きましたが、

「これから投資を始める最初のステップとしておすすめ!」

SBIネオモバイル証券のメリットはこちらでしたね!

  1. 1株から投資できる
  2. 手数料がほぼかからない
  3. 分散投資できる
  4. スマホで簡単に取引できる
  5. 投資経験をつめる

今回の記事がすこしでも参考になれば幸いです!

Tポイント訴求①